歯周病治療について

 


歯を失う原因が「歯周病」?成人の8割がかかっている?

歯周病とは歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことです。

自覚症状が乏しく、痛みをほとんど感じないまま進行し、歯肉周辺を腫れた状態にします。
自覚症状のない歯周病という病気は、歯を失う一番の原因とされています。

  • 歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきがムズムズする
  • 口臭が気になる
  • 歯肉が腫れている
  • 歯がしみる
  • 歯が動く
  • 歯が長くなった

など、歯周病は自覚症状が極めて乏しいため、少しでも違和感を覚えたら受診をしてみましょう。大きな病に繋がってしまうかもしれません。

そして初期状態の歯周病を含めると成人の80%以上がかかっていると言われる身近な病気なのです。8割って驚きですよね。
8割もかかっているから大丈夫。ではなく、出来る限り早期発見をして治療を施しましょう。

歯周病がもたらす深刻な病の存在

歯周病の影響範囲は口の中だけではありません。歯周病菌が全身の血管に回ると様々な疾患を引き起こし、恐ろしい病気の原因となることもあります。
心筋梗塞、糖尿病、気管支炎、脳卒中、、、などなど名前を聞くと恐ろしい全身疾患を引き起こす可能性があるのです。

歯周疾患を予防するためには、基本的なことですが、なかなかできていない丁寧な歯みがきと、デンタルフロスや歯間ブラシ等を使用した歯間清掃が非常に効果的です。

当院の歯周病治療

1.歯周外科治療に対応

重度の歯周病の場合、歯ぐきを切開して奥の方についた歯石を除去する治療や溶けた骨を再生する治療が必要になります。通常ですと治療期間も長いので、重度になる前に治療を始めることが大切です。

このような重度の歯周外科も短期集中治療で対応しております。ぜひ一度ご相談ください。

2.静脈内鎮静法

上記のような重度歯周病の外科処置を施すと、治療時間が長くなり、お客様の負担が非常に大きくなります。そのような治療の際に、無痛かつ短時間で治療ができる静脈内鎮静法をおすすめしています。