支台治療詳細(ポスト&コアについて)

 

ポスト&コア(支台築造)とは?

ポスト&コア(支台築造)は、基本的に歯の神経を失ってしまい、歯の欠損が大きい場合に行う治療です。歯の機能を回復するためには、最終的に被せものを入れる必要がありますが、歯の欠損が大きい場合は、歯の根に「支柱(ポスト)」や「支台(コア)」を設けないと被せものを入れることができません。つまり、被せものを入れるために、歯根と被せものをつなぐ役割を果たすのがポスト&コアということです。ポスト&コアを入れることで歯根を補強でき、被せものを装着することで歯の機能を回復できます。

歯の寿命に影響する支台築造について

神経を失った歯を補強し、機能を回復する為のポスト& コア。

歯の寿命を延ばす為に必要な治療です。神経のある歯は「生きた木」に、神経を失った歯は「枯れ木」に例えられることがあります。

神経のある歯は生きているため、しっかりと栄養が行きわたって瑞々しい状態を保つことができます。
一方で、神経を失った歯は弾力性を失い、枯れ木のようにもろくなります。その結果、歯が変色したり、化膿したり、折れやすくなったりして、結果的に寿命が短くなってしまうのです。

ポスト&コアの種類

CRコア ※保険適用

銀合金、又はパアラジウム合金で補強したプラスチック(レジン)土台です。メタルコアよりも強度はありませんが、歯を削る量が少なく、保険も適用される種類になります。

メリット

  • 保険が適用されるため費用が安い
  • ほとんどの症例で使用可能
  • 歯を削る量が少ない

デメリット

  • 冠の形成時、歯肉に金属片が刺さり黒くなる場合がある
  • コアを入れた歯が割れてしまう場合がある
  • 金属アレルギーになる場合が稀にある
  • ファイバーコアより強度や耐久性が低い

ファイバーコア ※保険適用外

ファイバーコアとは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、強度を上げた土台です。歯に似た素材なため、歯に優しい土台です。

メリット

  • 天然の色と同じように綺麗でオールセラミック冠をかぶせる際に透けても気にならない。
  • 硬さがほぼ自然な歯と同じため、歯が割れにくい
  • 金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない

デメリット

  • 噛み合わせての歯や歯の状態によっては使用できない場合がある。

当院が考える理想のポスト&コア

当院では、患者様へのカウンセリングにて適した治療をご提案しております。患者様の不安を取り除き、出来る限り希望に添えるように治療を進めさせていただきます。

神経を抜いた歯を維持したいという方

神経を失った歯はもろくなり、寿命が短くなってしまいますが、ポスト&コア(支台築造)を入れることで、歯の寿命を延ばすことができます。

治療:CRコア 保険適用

きれいな見た目の歯にしたいという方

ポスト&コアを入れたうえで被せものを入れる際は、ポスト&コアの素材に配慮しないと、被せものの見た目が悪くなってしまうことがあります。被せものの審美性を考えたとき、最適なのはグラスファイバーコアです。

治療:ファイバーコア 保険適用外

 

支台築造の詳細料金についてはこちら